その食材は、本当に身体に良いものかどうかをしっかり吟味しましょう。

う~ん…『あなたは身体に良い事は何をしていますか?』病院に行ったり、人に聞かれたりした時に『頑張って毎日かかさず牛乳を飲んでます。』『食事が食べれない時はコンビニエンスストアで牛乳買ってます。』『カルシウム強化に運動したら牛乳飲むようにしています。』健康と言えば牛乳。美容にも牛乳。まるで牛乳が完全無欠の栄養飲料として崇拝されているような気がします。科学者や医療関係者で、すでに牛乳の危険性を指摘している人達も居るようですね。牛乳に含まれているカルシウムは、本当に微量だとか…牛乳には、牛の成長の為に大量の成長ホルモンが混ざっているとか…米を食べる日本人には、牛乳は5%~15%の人達にしか合わないとか…これを聞くとさすがに不安になりますよね。私が知っているのは、牛乳は乳糖が沢山入っていると言う事、だから、犬や猫、小動物に牛乳を飲ませたら下痢をすると言う事。売っている牛乳は、もちろん生ではありませんから、成分を調整していたり、殺菌の為に加熱してあったり、薄めてあったりしている事。牛乳は西洋文化と一緒に、戦後から私たち一般人に普及した事。動物性カルシウムだと言う事などですね。一説によると、ある民族が別の食材に順応するまでには、三世代を要するそうです。それを考えると、まだまだあと何十年も日本人が牛乳に適応するには年数が必要でしょう。とはいえ、こういったように今まで健康だ!と思っていて食べていたもの、飲んでいたものは、ウソである可能があります。しかしウソであっても牛乳と言っては、やはり商売をする人がいて、生活をしなければなりません。もし科学者が一段となって「牛乳は身体に悪い」なんて言ってしまえば、たくさんの人が仕事を失うことになりましょう。そういった理由もあり、言えないのです。そのため皆さんがどのように行動するか、自分が本当にこの食品で「健康だ。」と感じているのだろうか?と吟味する必要があるかもしれません。

太陽光発電 メリット 計算

太陽光発電 デメリット 屋根

即日配達